つつじ会沿革

平成 4年12月 ○社会福祉法人設立準備委員会を設立する。

平成 6年 7月 ○特別養護老人ホーム等施設建物起工式を挙行する。

平成 7年11月 ○社会福祉法人つつじ会の設立が認可される。

平成 8年 4月 ○第一種社会福祉事業「特別養護老人ホーム神津島やすらぎの里」

          の施設認可を受け事業を開始する。

         ○第二種社会福祉事業「老人デイサービスセンター」「老人介護支援センター」

          「老人短期入所事業」の認可を受け事業を開始する。

         ○公益事業「高齢者生活福祉センター」「心身障害(者)児通所訓練所」を

          神津島村から受託し運営を開始する。

         ○施設落成及び開所記念式典を挙行する。

平成12年 4月 ○介護保険法が施行される。

      7月 ○神津島、新島近海群発大地震の災害により施設へ通じる道路が3ヶ月間

          不通となる。

平成13年 4月 ○特別養護老人ホームの定員を30名から34名と変更する。

         ○短期入所事業所を10名から6名に変更する。

     12月 ○評議員制度を導入する。       

平成15年 4月 ○デイサービス事業定員を20名から25名とする。

平成18年 4月 ○開設10周年記念祝賀行事を挙行する。

平成22年12月 ○デイサービス事業所定員を25名から30名に変更し通年営業とする。

平成25年 4月 ○生活支援ハウスにおいて職員を24時間常駐とする。