ノロウィルス狂想曲!(2014.1.28)

 「本土」ではノロウィルスが猛威を振るってますなぁ。ウチは幸い今のとこ発生してません。ウチらに大発生すればプレス発表しなければならないし、入居者が亡くなればそれこそ鬼のクビでも取ったように正義の味方のマスゴミにぶっ叩かれる・・・それにしても強者スリより弱者切り捨てのマスゴミども騒ぎすぎだ。致死率の高い未知の感染症のパンデミックじゃあるまいし、ノロや季節性インフルはもはや常在菌(ウィスル)だぐらいに考えないと、世間の民を必要以上に恐怖に陥れてしまう。ガンジス川のインド人を見習いましょう。予防対策すべてが無意味だとは言わないが、これらに感染・発症したら静養し栄養をとる。これに尽きる。基本病院に行く必要はない。インフルワクチンはナンセンスだよ。マスクの予防効果などプラシーボレベル以下でしょう(笑)。ワクチンなど、過去の経験上打った人が感染し、打たない人が元気だという現実を何度も見てきた(笑)。感染症対策には限界があることを認識しなければならない。

 けんど「手洗いは有効」ですよ!これは物理的に菌を剥がす効果があるので「キチンとした手洗い」は習慣にしましょう。飛沫感染・空気感染以外の感染ルートは「手」を通じた接触感染が主体になるので手洗いの重要性はココにあります。

 

 それにしても都内で見るマスクの着用者の多さは驚きを超えて不気味である。日本人の同調性行動様式に感動すら覚える。←メダカとかイワシの群れに似ている。マスクをしてないと非文明人(野人)みたいで浮いてしまう(笑)。マスクの有効性をどれだけ認識して着用しているのでしょう。(マスク着用自体がナンセンスだとはいいません。効用を認識しているかということです)。それともマスクはファッションアイテムの一部かぁ?実はシャネルのなんちゃってサージカルマスクとかあったりして(笑)。ブランドロゴの入っているマスクでないと野人並みの扱いですか・・・ふう=3

 

 電車内での日常的光景・・・ほとんどの乗客が下向いてスマホ「いぢくってる」だけで十分に異様な光景なのに、これがほとんどの乗客がマスクも着用し下を向いてスマホ「いぢり」をしている。ウィットに富んだパロディーか狂気の世界にしか見えない・・・映画『ザ・ウォール』のワンシーンを思い出してしまったではないか!(笑)

 ノロやインフルの大発生を喧伝すると、どんだけの関連企業の株価があがるんでしょう?・・・これが景気浮揚策・・・アベノミクス?なんでしょうか?

 

 

 

 

 プロカメラマン三上さんの作品です。↑ビンボーブリッジ・・・上の高速部分を走るお金がなくて下の無料ブリッジしか通れなかったボンビー人のマストアイテム!だったなあ(爆)。ループ橋部分でのハングオンごっごがケッコースリリングだったッス。あの頃は若かった・・・(遠い目)