ギターアンサンブルはいかが?(2014.7.5)

 トピック上げるのが遅くなってしましましたが・・・7月5日午後、神津中学校体育館においてギターコンサートが開催されました。

 

 

 

 

 

 本格的なステージセットアップです!PAオペレーターは音の魔術師、空港消防所長の石田さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか凄い良い雰囲気です (`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生活支援ハウスの方々と鑑賞に来ました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 奏者は、日本・世界の子守唄研究等で有名なギタリストの原荘介さんです。クラギ(クラシックギター)界の重鎮が神津島にいらしてくれたとは驚きです!原さんは過去東海汽船にも勤務していたようです。伊豆七島には縁があるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  古希を優に超えた方とは思えないアタックの効いたフラメンコ調やメロウなボサノバ風の曲まで変幻自在な演奏スタイルでした。クラギの音色はフントに最高です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 古賀メロディー系も熱唱していただきました。枯れたボーカルもステキな味わいを感じました。クラギ本体もトップは最上級のジャーマンスプルースで、サイド・バックは極上のインディアンローズの単板か、もしかしたらブラジリアン・ローズウッドの単板かもしれませんね〜!羨ましいですぅ・・・ギターおたくのアンテナが激しく反応しますわ(笑)。ボクもアディロン+ハカランダのプリウォーマーティンが欲しいなぁ(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お弟子さんを両脇にしたがえ、素晴らしいギターアンサンブルを披露していただきました。ギターアンサンブルの形態はトリオが一番バランス良いようです。美しすぎる演奏でした (*^・^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神がかった演奏能力に優るとも劣らない力強いボーカルに感動しました (^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プログラムが全て終わった後も会場からスタンディングオベーションが鳴り止まず、2度のアンコールを受けてくれました・・ありがとうございます!パチパチ!

 

 いや〜〜〜ほんとうに素晴らしいステージでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7月も初旬だというのにもう台風がやってきました。沖縄、九州に大きな被害が出ないことを願っています。

 

 冬になればノロやインフル等の感染症に悩まされ、夏秋になればモンスター台風の襲来に怯える日々・・・

 気が休まらんねぇ〜〜〜 (`・ω・´)ゞ