開設20周年記念式典・第19回やすらぎの里祭(2016.5.15)

 今年やすらぎの里は開設20周年を迎えました。

やすらぎの里祭の当日に2階食堂にて記念式典を執り行いました。

 

会場には来賓の方々がお集まりになっています。

来賓の方々が揃ったところで、エンゼル会ブルー・カレンツによるファンファーレが高らかに鳴り響きました。

最初に中村理事長から挨拶がありました。

多忙にも関わらず、三宅正彦都議会議員が朝1番の飛行機で駆けつけて下さいました。

浜川村長からもご祝辞を頂戴しました。

たくさんのご来賓の皆様からご祝辞を頂戴し、1時間ほどで記念式典は終了しました。

 

さて、いよいよやすらぎの里祭が始まりました。

オープニングは威勢の良い神津太鼓で一挙に盛り上がりました。

今年初めて医務課でサンドイッチを販売しました。朝の暗いうちから頑張って作った明日葉とツナ、卵のサンドイッチは好評だったそうです。眠いのを通り越してヘンなテンションになっている二人。

 

 

 

屋外の出店では商工会、役場、漁協、家族会などたくさんの方々にご協力をいただき、祭をもり立てて頂きました。

地活名物のコロッケはかわいらしい一口サイズ。材料のジャガイモも地活の畑で作った物です。

建物の中では子ども達に人気の射的が始まりました。

小さなお子さんにはお菓子のつかみ取りが人気です。

 

人気のやすらぎの里カレーも大好評です。

高校生があちこちでボランティアで協力してくれました。

 

毎年恒例のチョコバナナとポップコーン。お客さんを呼び込む眼差しが真剣でコワーイ(^_^;)

食堂ではブルー・カレンツのミニ・コンサートを待つお客さんが徐々に集まってきました。

ブルカレ専属?のカメラマンもスタンバイOKです。

緊張したときはお客さんはお芋だと思うと良いよ、教わりました。

今日はお芋がたくさんごろごろ・・・

 

以上、第19回やすらぎの里祭の様子をご報告しました。

 by Hiroko