特養郷土資料館見学 2018/11/28

特養の入居者さんと郷土資料館見学に行ってきました。初めに神津の郷土資料館とは…

「島の歴史と貴重な文化財を保存継承しています。館内には、神話にも由来する神津島にとって、考古学的にも珍しい出土品や、島の歴史を物語る文献、古文書などともに島民の昔の生活を偲ぶ民具、最近発見された、江戸千石船の遺物と思われる、すずり、すりばち、300kgもある錨なども沢山陳列されています。」【出典元 神津島観光協会HP】

皆さん昔のコトを思い出して懐かしそうにしてました(^.^)

 入口を入るとすぐ、神津島ミニチュア立体模型がありました。残念ながらやすらぎの里の模型はありませんでしたが、沢尻湾では赤い浮き輪の女の子が泳いでいました(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「あれ~昔はこんな窯でめしー炊いたっきゃーなー( ;∀;)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「知ってる人はいるかな?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「人形作りの材料」として展示されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 過去の偉人が作られたんでしょうが、見事な完成度です(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「いっぱいありすげて見きれないね~そ~だね~('ω')」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大画面で神津島の紹介ビデオが上映されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「今日は昔のモンが見られてよかったよ~そ~だね~('ω')」

懐かしさを感じられた1日となりましたでしょうか?

それではまたお会いしましょうヾ( ̄◇ ̄)ノ))バイバイ 

                                                                                                                                                                             By Nobu